【定期発信】2021年12月 収支報告

収支報告

こんにちは、あいまあ(@aimaa_blog)です。

毎月ちゃんと収入があり節約もしているはずなのに「なかなか貯金が出来ない」なんて事ありませんか?

実は貯金出来ないのにはちゃんとワケがあります。

毎月の収支を把握出来ていないのが原因である事が多いです。

私たちは平均年収以下の共働き夫婦ですが、1年以上前からしっかり収支を把握した上で効果的な節約方法を実践。

その結果年間200万円以上の貯金が出来ました。

関連記事:1年で200万円以上貯金した夫婦がやっていること5選

直近1年間で見ると現金という形ではあまり増えてはいませんが、夫婦の資産全体としては400万円以上増えています。

1年で出来た貯金の大半をつみたてNISAを始めとした投資に充てて含み益が出ているのがその理由です。

そんな私たちが貯金・節約のために最も重要と考えている収支の把握における家計簿(2021年12月分)を公開します。

公開する理由
  • 「思い通りの節約が出来ていない」「貯金出来ていない」理由がわからないと感じている人が見る事で支出の見直しのきっかけになる
  • 家計簿の1つの例として参考にしてもらう

支出に関して…

  • 「これ以上できない」程抑えてはいない
  • 不要と判断したものをしっかり削っている
  • ミニマリストではない(物は減らしていますが)
  • DINKs→最も貯蓄しやすい環境
  • この環境で毎月貯蓄率50%以上が目標

DINKsとは:Double Income No Kidsの頭文字を取った言葉で”夫婦共働きで子供なし”の意味

スマホ代・光熱費などの固定費の見直し保険の見直しをして節約に成功しています。

どの家庭でも貯蓄率25%以上は可能と考えていますので、参考にしてもらうためにここからは我が家の12月がどうだったのか収支表・貯蓄率を公開します。

※手取り20万円なら貯蓄率25%で毎月5万円以上は貯金可能

スポンサーリンク

収支表

早速ですがこちらが我が家の12月の収支表になります。

2021年12月 収支表

収入:400000、支出:219500、貯蓄率:45.1%

5ヶ月連続で貯蓄率50%を切りました。

次に2021年の貯蓄額と貯蓄率一覧になります。

2021年 貯蓄額・貯蓄率

特に2月の車検とタイヤ交換費用が響いて年間トータルの貯蓄率50%未達になりました。(ボーナス込みなら50%超)

2021年トータルでの貯蓄額・貯蓄率がボーナス抜き・込みでどうなったかの詳細は近日公開予定です。

収入に関する前提

ここまで毎月収支表を公開していますが、

毎月収入が全く変わらないの?

という疑問に対して以下に固定のワケを記載します。

  • 夫の給料:ほぼ残業なし・ほぼ25万円で固定
  • 妻の給料:ほぼ残業なし・週休2.5日・ほぼ15万円で固定

実際はもっと細かい金額ですが細かすぎると見えづらいと判断し、収入は上記の額にしています。

厳密に言えば2020年のふるさと納税により2021年6月から住民税が毎月数千円控除されて、手取りで言うと数千円上がっていますがこちらも細かすぎるため無視しています。

あいまあ
あいまあ

上記の額を下回ることはないです。

稀な残業代やボーナスは上乗せされますがそれも割愛しています。

細かく計算すれば貯蓄額はもう少し上がりますが、家計簿の目的は主に支出の把握です。

支出に関する前提

収支表の支出に関しては全て夫婦2人でかかった金額です。

以下に我が家で毎月かかる支出の予算をざっと出してみます(固定費でも変動する場合あり)。

※変動する支出は平均値

◆固定費(4万円程度)

  • 住まい(ローン):2.4万円
  • 携帯電話代:3500円
  • 保険代:4000円
  • サブスク代:2000円
  • 通信代:5400円
あいまあ
あいまあ

2021年9月〜夫スマホ本体代の分割+楽天モバイル代

夫の楽天モバイル使用データ量が10~20GBなので1980円で済みますが、ほとんどを楽天ポイントでカバーしています。

妻は本体代を完済、楽天モバイル無料期間中!

◆変動費の予算(10万円程度)

  • 食費全体:7万円
  • 水道光熱費:奇数月1万円、偶数月1.9万円(水道代込み)
  • 日用品:1.5万円
  • ガソリン代:1万円

◆基本的に支出の無いカテゴリ

  • ファッション、美容、医療、娯楽、交際費、車両維持費

節約する場合、お金の事を気にしない項目が1つくらいあっても十分できます。

ある程度お金を気にしない項目をあえて作るのもありですね。

それで節約に対するストレスが軽減・無くなればメリットしかありません。

我が家ではそれが食費になっていて、金額を気にせず買い物をしています。

そして毎月の支出に大きな差が生まれるのが”基本的に支出の無いカテゴリ”になります。

毎月の貯蓄率の変動はここの出費に比例しています。

節約の1つの答えとして「基本的に支出の無いカテゴリをストレス無く抑える事」が挙げられます。

支払い方法と家計簿

日々の買い物での支払い方法と家計簿の付け方は以下の通りです。

  • 支払い→楽天カード+楽天ペイ+たまに現金とPayPay
  • 家計簿→マネーフォワードME+楽天カードアプリの併用

◆支払いに関して…

  • クレジットカードのみ対応店:楽天カード
  • 色々なキャッシュレス対応店:楽天ペイ+PayPay
  • キャッシュレス非対応店  :現金

楽天サービス・楽天ポイントはかなり便利なので意識して使っています。

楽天ペイは基本的には楽天カード(楽天銀行や楽天ポイントも可)に紐付けして使用するキャッシュレス決済なので、楽天カードは必須アイテムです。

最近はPayPayの残高払いも上手に併用していますが、まだまだ使いこなせてはいません。

関連記事:お買い物マラソンはいつ買うのがお得?(楽天ポイントを推すワケ)

\\新規入会&利用で5000P//

◆家計簿に関して…

楽天カードを使えば楽天カードアプリで家計管理が出来ますが、楽天カード以外の支払いだと当然反映されません。

楽天サービスに拘らなければ、色々なキャッシュレスサービスや銀行口座を紐付け出来る”マネーフォワードME”の方が一括管理に適しています。

\\無料・自動で一括管理//

日用品に関して

通常月の日用品代は上記の通り1.5万円で予算を組んでいますが、毎月大きく金額が異なる支出になるため予算は平均値になります。

通常は少ないと0円、多い月は3万円程度で推移しています。

住まい(ローン)に関して

現在住んでいる物件の価格や頭金によりローンの総額を減らしました。

そのおかげで毎月の支払いを24000円という少額に出来ました。

さらに12月は固定資産税の支払い(15000円)が上乗せされました。

固定金利で10年支払うと残りが100万円になり、それが5~6年後です。

あいまあ
あいまあ

残り100万円になった時点で一括返済をします。

よって5~6年後にはローン完済予定です。

水道・光熱費に関して

偶数月の水道代に加えて我が家の冬はガスファンヒーターを使っているため灯油代がプラスされています。

おそらく3月まで灯油代がかかると思われます。

ガソリン・交通費に関して

12月のガソリン・交通費に関しては全てガソリン代で、それが高かったのはガソリン代が高かったのが1つの原因です。

我々の地域では一時期170円/L程度の時がありました。

他に考えられるのは寒いので車内でエアコンを付けるからですね。

遠出はしていないので給油頻度は毎月ほぼ変化はないです。

ファッションに関して

夫婦ともに普段着の新調時期だったので年末だったこともありまとめて購入しました。

これでしばらくは月に1万円以上も使うことはないでしょう。

医療に関して

2021年の春先まで夫が虫歯治療をしていた関係で定期的な歯のチェックをしようと思い歯科検診に行ってきました。

もう1つは医療とは少し違いますが、夫の腰痛悪化により鍼灸治療に行ってきました。

普段は医療にかかる費用はありません。

余剰金の使い道

余剰金の使い道

余剰金に関しては夫婦で設定した生活防衛資金に達していないので、少なくとも2022年中は投資と貯金をどちらもしています。

ちなみに夫婦で設定した生活防衛資金は以下の通りです。

生活防衛資金(1人300万円)
  • 半年分の生活費:100万円
  • 自動車購入費 :150万円
  • 万が一費用  :50万円

設定した貯金額は夫婦で相談して決めた金額です。

「こんなにもいらない!」という意見もありそれも正解だと思いますが、大事なのは『家族で話し合って決めた』事実です。

「3ヶ月分の生活費のみでOK」という意見もありますので、自分で調べて各家庭にあった生活防衛資金を設定しましょう。

よく聞く意見としてはこの3つです…

  • 3ヶ月分の生活費
  • 3~6ヶ月分の生活費
  • 半年分の生活費

大方の意見は半年分の生活費があればOKですので、我が家の貯金額は多い事を私たちも承知しています。

その余剰金で購入した金融商品等は夫のみそれぞれ運用実績として公開します。

購入した金融商品:投資信託(つみたてNISA)、米国株ETFJ-REITビットコイン

最後に

財布

以上が12月の収支、1ヶ月のお金の出入り、支出に対する考え方、余剰金の使い道になります。

12月は5ヶ月連続で目標の貯蓄率50%を切りました。(45.1%)

再掲になりますが、どの家庭でも貯蓄率25%以上を達成可能な節約方法は以下から確認してください。

関連記事:1年で200万円以上貯金した夫婦がやっていること5選

最後までご覧頂きありがとうございました。

あいまあ
あいまあ

何かあれば気軽にコメントしてください!

あいまあブログは”ブログ村”と”ブログ人気ランキング”に参加しています。以下のアイコンから応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

PVアクセスランキング にほんブログ村
収支報告
スポンサーリンク
あいまあ

平均年収以下の共働き夫婦が年間200万円以上の貯金をした節約方法
その貯金から資産として年間400万円増やした投資方法・運用実績
その両方を発信するブログを運営している夫婦です!

あいまあをフォローする
あいまあをフォローする
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました