【歯医者】抜いた歯のその後

日々の情報

こんにちは、あいまあです。

以前歯医者は定期的に行ってメンテナンスした方がいいと伝えました。

この時は結局1本抜くことになり、もっと早く行っておけばよかったという話でした。

歯を抜いたからには埋めなきゃいけないってことで、先生には3つの選択肢を提示されました。(金額はググりました)

●ブリッジ:保険適用で30000円程度

●差し歯(入れ歯):保険適用で10000円程度

●インプラント:保険適用外500000円程度

えがしら歯科様HPから引用
あいまあ夫
あいまあ夫

この中ならブリッジが最有力かな〜

インプラントは高すぎ。

差し歯はメンテが面倒だし色々デメリット有り。

どのみち医療費控除も使えないしな〜

10月末に歯を抜いて12月半ばにようやく歯を埋めました。

結局何にしたかというと…ブリッジです!

先生の話と金額を鑑みたら当然かもですね。

ブリッジは上記の通り30000円程度らしいですが、僕の場合は周りの歯の状態で運よく15000円で済みました。

スポンサーリンク

医療費控除とは

ところで、上ではさらっと医療費控除を使えないと言いました。

医療費控除ってなに?

医療費控除とは

●1年間で多くの医療費を支払った場合、所得税が安くなる制度

●一般的には年間で10万円を超えるとその分控除される

●家族の医療費も合算できる

●年末調整で完了するサラリーマンでも、別で自分で確定申告する

例:15万円の医療費を支払った場合

医療費控除額が5万円程、サラリーマンであれば所得税と住民税で1万円程安くなる

1番いいのは医療費の支払いがない事ですが、もし家族含めた医療費を10万円以上支払った場合は、しっかり控除を受けましょう。

あいまあ夫
あいまあ夫

ちなみに僕が今年の医療費控除が使えない理由は、

今年のふるさと納税でワンストップ特例制度を適用したからです

もし医療費控除で確定申告をしてしまうと、ワンストップ特例制度が無効になってしまいますのでご注意を!

こちらの記事も参照ください。

にほんブログ村 投資ブログ お金(投資)へ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村
節約・貯蓄ランキング
日々の情報
スポンサーリンク
あいまあ

夫婦で年間200万円以上の貯金をしたコツ
貯金で株式や仮想通貨投資をしてセミリタイアを目指すブログを運営

あいまあをフォローする
あいまあをフォローする
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました