【両学長動画の補足】docomo新料金プラン”ahamo”により楽天モバイルはオワコンなのか?についての見解を伝えます!

貯金・節約

こんにちは、あいまあ(@aimaa_blog)です。

docomoが2020年12月3日に格安の新料金プラン”ahamo”を発表しました。

新プラン”ahamo”内容
  • 月額2980円(税抜)
  • データ通信容量20GB/月
  • 国内通話5分無料
  • 事務手数料0円
  • 日本人が渡航する国の95%をカバー

ahamo発表後にauからpovo、SoftBankからLINEMOと格安プランが発表されて2社に足並みを揃えるように料金設定に微妙な変更がありました。

  • ahamo変更前:月額2980円(税抜)
  • ahamo変更後:月額2700円(税抜)
あいまあ夫
あいまあ夫

変更前のプラン料金紹介は不要ですが、以下の動画をご覧になった場合に混乱しないようにどちらも掲載したままにしています。

個人的にYouTube動画で大変お世話になっている両学長(@freelife_blogが”ahamo”についての動画を2020年12月5日に投稿しました。動画内では月額2980円(税抜)になっているので勘違いしないように

私は実際楽天モバイルなので、この動画の内容を擦り切れるほど観ました。(ビデオテープでいう←古い)

その時にふと思ったことがあります。それは…

あいまあ夫
あいまあ夫

4G+5G(楽天回線エリア)が使えて通信無制限を前提に話をしているな〜

あいまあ夫
あいまあ夫

もしかして両学長は大阪の都心部に住んでいて4G+5G(楽天回線エリア)が使えるエリアなのかな〜

そうなるとエリア外(パートナー回線エリア)の人がまだいるので、そこでの使用感を補足として伝えた方がいいと考えました。

そして楽天回線エリアの拡大はなかなか思い通りにはいっていないようですね。

出典:読売新聞オンライン(10/24記事)

2度の延期を発表した事により、この予定も「目指している」くらいの認識でいましょう。

理由は「時期は、世界的な半導体不足等による基地局設備への影響等で、変更となる場合があります」とのこと。

出典:楽天モバイル

HPでは人口カバー率94%を突破しているようですが、まだまだ『パートナー回線エリア』での接続になることがしばしばです。

94%→96%への僅か2%が相当大きな影響を及ぼしている事がよくわかります。

楽天モバイルの最近の動きは以上で、ahamoと主要な項目において比較してみるとこうなります。

楽天モバイルとahamoの比較表 ※楽天モバイルの料金は20GBまで使用時

※通信品質:楽天モバイルは体感、ahamoは公式HP記載

関連記事:楽天モバイルと3大キャリア格安プランの比較

\\公式HPはこちらから//

ここまでahamoの概要と楽天モバイルの現状を提示しました。2つのプランを比較した時に出した結論は以下の通りです。

私の結論
  • 楽天モバイルはオワコンではない
  • 楽天モバイルのままで問題ない
  • 楽天回線外のパートナー回線エリアでも問題ない

なぜそう思うのかを両学長が動画で話していたことに補足する形で私の見解を伝えたいと思います。

\\データ1GBまでなら料金0円//

スポンサーリンク

両学長動画での結論

YouTube

まず両学長が動画で述べていた結論をざっとまとめました。

動画での結論
  • docomo新料金プラン”ahamo”は超優良プラン
  • 同じ条件なら格安SIM(UQ、ワイモバイル等)よりもいい内容
  • 「楽天モバイルがオワコン」にはならない(料金は同じ・通信容量は無制限・アプリ使用で国内通話も無制限・楽天経済圏の人ならまだ優位!)
  • 合理的な方法は1年無料で楽天モバイルを1年使い、1年後に楽天モバイルかahamoの選択をする(楽天モバイルは解約手数料なしのため)

▼▼『動画での結論』から以下の2点追記▼▼

  • 楽天モバイルの1年無料キャンペーンは2021年4月7日に終了し現在は3ヶ月無料キャンペーン実施中
  • 動画ではahamoが発表された直後(2020年12月)だったのでpovoやLINEMOについては触れていませんが、調べると3プランの内容がほぼ一緒と思いきや全然違いました。その上で楽天モバイルの無料期間が終了したらahamoだけではなくpovoやLINEMOも選択肢になる

2021年9月時点でも色々な変更点こそありますがこの結論に異論はありません。その通りだと思います。

しかし先ほども言いましたが4G+5Gエリア(5Gはごく一部)はまだ拡大の途中です。

なので4G+5Gが使える前提でahamoより優位と結論付けると情報として不足していると感じました。

4G+5G(楽天回線)エリア外をパートナー回線エリアと言います。

パートナー回線エリアでの使用感を実際に使っている私が補足します。

\\データ1GBまでなら料金0円//

パートナー回線エリアでの使用感

5G

楽天回線エリアでは確かに4G+5Gが使い放題で優秀ですが、全員がそのエリアに住んでいるわけでもないです。

パートナー回線エリアは上記の通り2022年春までにほぼ(人口カバー率96%で)楽天回線エリアになる予定です。

あいまあ夫
あいまあ夫

予定通りに楽天回線エリアが拡大していません。

私の生活圏ではだいぶ楽天回線エリアになりつつあります。

ですが、まだパートナー回線エリアでネット接続をする状況を想定する必要があります。

パートナー回線エリアとは?
  • 楽天回線外のエリアのこと
  • auから回線を借りているエリア
  • 高速データ通信容量5GB/月
  • 5GB超過後は通信速度最大1Mbpsで使い放題

5GBが上限の高速データ通信は肌感覚では4Gレベルでの高速通信です。

5GB超過後(または高速データ通信OFF時)の最大1MbpsはネットサーフィンやYouTube動画なら問題無いです。

あいまあ夫
あいまあ夫

楽天モバイルアプリで高速データ通信のON/OFFが可能!

好きなタイミングでのみONに出来ますよ!

実際に利用しているアプリの中でかなり重いと言われるDAZNは少し繋がりにくい時がありますが仕方ないと思います。

昼食時間帯と夕食時間帯には通信速度が低下して動画(YouTube含む)が観づらい時間帯はあります。

あいまあ夫
あいまあ夫

あくまで個人的にはですが無料キャンペーン中ならこの程度のことなら目を瞑れます。

ただし他の時間帯だから繋がりやすいというのも保証できないし、時間帯に関係なく建物の中・山の中・地下だと繋がりにくくなる事もあります。実際に大型商業施設内で圏外になったこともあります。

そんなこんなで基地局の整備などが待たれる状態です。

パートナー回線エリアでの結論
  • 高速データ通信をONにすれば基本的には快適
  • 高速データ通信をOFFにすると平時は問題無く通信出来る、ただし繋がりにくい時間帯・場所がある
  • 大型商業施設など大きい建物内だと稀に圏外になることもありまだまだ不安定
  • 繋がりにくいと感じたタイミングだけ高速データ通信をONにして1ヶ月で5GB使い切るのが理想(データ容量の繰越は不可)

\\データ1GBまでなら料金0円//

まとめ

スマホ通信

以上が両学長動画での結論+パートナー回線エリアでの使用がメインである私の個人的見解で、以下簡単ですがまとめました。

  • 特に楽天経済圏の人はそのまま楽天モバイル継続でOK
  • 楽天と無縁な人は無料期間中だけ楽天モバイル、のちにahamo等に移行を検討
  • パートナー回線エリアでも平時ではネットとYouTube動画なら問題なし
  • ahamoの通信や通話品質は問題なし(公式HPより)
  • 楽天モバイルは現在パートナー回線でも将来楽天回線になり今よりも快適になる可能性が高い
  • 楽天モバイルの高速データ通信は楽天モバイルアプリでON/OFFの使い分けを上手くすれば問題なし

無料期間中は楽天モバイルにして、3ヶ月後に楽天モバイルかahamoのいい方にするのが最適解です

楽天モバイルの3ヶ月間無料キャンペーンは2022年1月時点で終了時期が未定ですが申し込むならお早めに!

\\データ1GBまでなら料金0円//


ahamoは楽天モバイルより少し高いですが通信品質・通話品質は保証されています!

\\公式HPはこちらから//

あいまあ
あいまあ

何かあれば気軽にコメントください!

あいまあブログは”ブログ村”と”ブログ人気ランキング”に参加しています。以下のアイコンから応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 投資ブログ お金(投資)へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ


PVアクセスランキング にほんブログ村
貯金・節約
スポンサーリンク
あいまあ

平均年収以下の共働き夫婦が年間200万円以上の貯金をした節約方法
その貯金から資産として年間400万円増やした投資方法・運用実績
その両方を発信するブログを運営している夫婦です!

あいまあをフォローする
あいまあをフォローする
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました